子宮内膜が本来あるべきところではない、子宮筋層内で異所性に増殖して月経困難症や過多月経などの症状を示す病気です。

どのような症状がありますか?

---------------------------------

・過多月経、不正出血

腺筋症が子宮内膜の近くにあるとおこります

・月経困難症

月経前からはじまる子宮の腫大や子宮筋層内の内膜組織での出血が原因となり、子宮収縮の異常亢進が関連していると言われています。

・骨盤痛

症状が強いものでは月経時以外にも持続してみられることがあります。

・不妊症

どのように診断されますか?

---------------------------------

症状や内診所見などから診断を推定し画像診断を行います。超音波検査やMRI検査を行います。

どのような治療法がありますか?

---------------------------------

症状が軽い場合には経過観察を行いますが、痛みが強い場合には対症療法(鎮痛薬など)の投与を行い、また閉経が近い方ではホルモン療法を行う場合もあります。

症状が強く、閉経までに時間を有する場合には手術療法(子宮摘出術)を考慮します。妊娠希望の場合には腺筋症核出術を行います。