研究室紹介

 

研究は楽しんでやるものです。研究をやることそのものが楽しい、そうでないと続ける事は出来ません。
忙しい臨床の仕事と並行してやるわけですからなおさらです。

楽しくない研究は、目的、テーマ、手法、など何かに問題があるのかもしれません。
楽しいことを第一の目的として修正してゆきましょう。

夢を見て、夢に向かって少しずつ進んでゆく喜びは、臨床の仕事をやる上でも大きなモチベーションとります。

一緒に夢を見る仲間を募ります! 

 

 

 

分子レベルの解明ばかりが研究テーマではありません。研究テーマに範囲などありません
臨床を題材にした疑問、問題点、新たな着想、それらの全てが研究テーマとなり得ます。
オペ中に抱いた疑問でさえ、格好のテーマなのです。

臨床をただこなすだけでは不十分です。臨床を、探索的に、研究的に見ることが大切です
そしてそこから湧き出る疑問をぜひ研究により解決して下さい。

研究を通じて臨床のセンスを磨きましょう!

我々は良い臨床医であるために、良い研究者でありたいと思っています。

 

このページのトップへ