1か月健診

1)受付方法

総合受付の3番窓口にて産科と小児科の受診受付をお願いします。

★受付の際、赤ちゃんのお名前の登録変更手続きを行なってください。
 診察券をお作りいたします。
例 : 島大 花子ベビー → 島大 桃太郎

2)受診の順番と内容

(お母さん)

  1. 2階検査部 ⇒検尿(全員)と採血(該当者のみ)
  2. 3階産婦人科外来⇒体重・血圧測定後用紙に記入、母子手帳とともに提出ください
  3. 助産師外来 ⇒赤ちゃんの身体測定、哺乳状況確認など
  4. 産科医の診察

(赤ちゃん)

小児科外来へは、お母さんの1ヶ月健診終了後、13 時以降に行ってください。

  • あらかじめ、母子手帳の1ヶ月健診(左ページ)を記入しておいてください。
  • 着替え・オムツをご準備ください。
  • ビタミン K2シロップ(ビタミン K)を内服します。
  • 診察の一時間前までに授乳をすませてお来しください。
  1. 2階小児科外来窓口に、小児科受診表を提出してください。予診表をお配りしますので、 記入してお待ちください。
    (島根県在住の方で、乳児健診の補助券を使用される場合は、住所・氏名の記入をお願いします。)
  2. 小児科医の診察があります。 

 

母乳外来

母乳外来は、育児中のお母さんのための相談窓口です。
母乳育児に特化したものではありません。 困ったときや、不安なときには、どんなことでも相談をお受けします。

月〜金 午後2時〜5時  要予約(緊急の際は、まずお電話で対応します)


受診料:私 費 初診 4,000円(当院出産の方)  5,000円(他院出産の方)
        再診 3,500 円

母乳の悩み・不安

母乳の悩み・不安

  • おっぱいが張らない
  • 乳首をいつまでも離さない
  • なかなか寝付かない
  • 授乳に時間がかかる
  • 授乳してもすぐに泣き出す
  • 指しゃぶりをする
  • 授乳後すぐに口を開けておっぱいを欲しそうにする
  • 母乳の後、ミルクをたくさん飲む
  • 授乳後、搾ってもほとんど出ない
  • 何となく出ていない気がする

赤ちゃんの身体が心配

  • 赤ちゃんのおしっこの量・回数が少ない(やや心配です)
  • おっぱいを飲む元気がない(とても心配です)

こんな時は、まず電話をしてください

赤ちゃんの身体が心配

ミルクをあげる必要のあるとき・ミルクの補充量が分からない

  • おっぱいの分泌が少ないとき
  • お母さんにお乳をあげられない病気になった
  • お乳をあげてはいけない薬を飲まなくなければいけなくなった

その他

  • 自分の気持ちが落ち込んでしまう
    悲しくなって涙がよく出る・赤ちゃんがかわいいと思えない・イライラする
  • 卒乳の方法 

 

産後ケア外来 

火曜日14:00~16:00

 産後は主役が赤ちゃんに移って自分の心や体のケアが後回しになりがちです。お乳の悩みや帝王切開の創のこと、産後になかなか血圧が下がらなくて不安、なんだか楽しいはずの育児を楽しめない・・・・・。気になるけどバタバタしているうちに放ってしまった!なんてことになると体が悲鳴を上げてしまいます。これからも元気に育児や仕事に向かっていくためにもう一度自分の体のメンテナンスをしましょう。産後ケア外来は産後に起こる体と心のトラブルをケアします。産後のセックスや尿漏れなどのご相談もできます。気になることがある方はぜひ受診してください。

▼詳しくはこちら

産後ケア外来