ご希望の患者さんに硬膜外麻酔分娩による無痛分娩をおこなっています。脊椎をつつむ硬膜の外側にカテーテルで 麻酔薬を注入し、陣痛をやわらげていきます。お母さんにとっても負担の少ない分娩方法です。無痛分娩の中でも硬 膜外分娩は麻酔薬を全身投与しないので赤ちゃんへの影響が少ないことが言えます。比較的リラックスして分娩できるので分娩がスムーズに進行することがあります。

無痛分娩のしくみ

無痛分娩のしくみ

 

起こりうる問題点

  • 血圧が下がることがあります
  • 下半身に力が入りにくく、自力で排尿できなくなりますので、麻酔がかかっている間は導尿を行います。
  • 産後に頭痛をおこすことがあります。
  • 微弱陣痛になることがあります
  • 吸引分娩になる確率が通常より高いです。
  • まれにカテーテルが血管に迷入したり、遺残したりすることがあります。
  • 血腫ができると神経を圧迫し、後遺症が残ることがあります。
  • 全くの無痛になることはありません。場合により十分な鎮痛が得られないことがあります。
  • 体の状態によっては無痛分娩ができないことがあります。

 

無痛分娩をご希望の方

健診時にお申し出ください。里帰り出産の場合でもご希望いただけます。

無痛分娩をご希望の方

*硬膜外無痛分娩ができない症例

  • 児頭骨盤不適合など帝王切開術分娩の絶対適応がある場合
  • 腰椎の変形や脊髄神経の異常がある場合
  • 血小板減少や血液凝固系の異常がある場合