原著論文(英文)

1.Interactions between Two Different G Protein-Coupled Receptors in Reproductive Hormone-Producing Cells: The Role of PACAP and Its Receptor PAC1R.
Kanasaki H, Oride A, Hara T, Mijiddorj T, Sukhbaatar U, Kyo S.
Int J Mol Sci.17. pii: E1635, 2016.

2.Endometriotic cyst fluid induces reactive oxygen species (ROS) in human immortalized epithelial cellsderived from ovarian endometrioma.
Kobayashi Y, Osanai K, Tanaka K, Nishigaya Y, Matsumoto H, Momomura M, Hashiba M, Mita S, Kyo S, Iwashita M.
Redox Rep. 2016 Nov 20:1-6, 2016.

3.Exosomal transfer of functional small RNAs mediates cancer-stroma communication in human endometrium.
Maida Y, Takakura M, Nishiuchi T, Yoshimoto T, Kyo S.
Cancer Med.5:304-314, 2016.

4.Expression and Regulation of Pituitary Adenylate Cyclase-Activating Polypeptide in Rat Placental Cells.
Oride A, Kanasaki H, Mijiddorj T, Sukhbaatar U, Yamada T, Kyo S.
Reprod Sci.23:1080-1086, 2016.

5.High pretreatment plasma D-dimer levels are related to shorter overall survival in endometrial carcinoma.
Nakamura K, Nakayama K, Ishikawa M, Katagiri H, Minamoto T, Ishibashi T, Ishikawa N, Sato E, Sanuki K, Yamashita H, Komatsu-Fujii T, Kyo S.
Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol. 201:89-93, 2016.

6.Efficacy of microwave ablation for the treatment of endometrial carcinoma: A report of 3 cases.
Nakamura K, Nakayama K, Ishikawa M, Katagiri H, Ishibashi T, Sato E, Amano C, Kyo S.
Oncol Lett.11:3025-3027, 2016.

7.Expression of GnRH and Kisspeptin in Primary Cultures of Fetal Rat Brain.
Sukhbaatar U, Kanasaki H, Mijiddorj T, Oride A, Hara T, Yamada T, Kyo S.
Reprod Sci.24:227-233, 2016.

8.CCNE1 amplification is associated with aggressive potential in endometrioid endometrial carcinomas.
Nakayama K, Rahman MT, Rahman M, Nakamura K, Ishikawa M, Katagiri H, Sato E, Ishibashi T, Iida K, Ishikawa N, Kyo S.
Int J Oncol. 48:506-516, 2016.

9.KRAS/BRAF Analysis in Ovarian Low-Grade Serous Carcinoma Having Synchronous All Pathological Precursor Regions.
Nakamura K, Nakayama K, Ishibashi T, Ishikawa N, Ishikawa M, Katagiri H, Minamoto T, Sato E, Sanuki K, Yamashita H, Iida K, Sultana R, Kyo S.
Int J Mol Sci.17. pii: E625, 2016.


10.
High Pre-treatment Plasma D-Dimer Level as a Potential Prognostic Biomarker for Cervical Carcinoma.
Nakamura K, Nakayama K, Ishikawa M, Katagiri H, Minamoto T, Ishibashi T, Ishikawa N, Sato E, Sanuki K, Yamashita H, Komatsu-Fujii T, Kyo S.
Anticancer Res.36:2933-2938, 2016.

11.Case series of cerebral infarction with Trousseau's syndrome associated with malignant gynecological tumors.
Ishikawa M, Nakayama K, Ishibashi T, Sato E, Nakamura K, Katagiri H, Kyo S.
Mol Clin Oncol. 5:138-142, 2016.

12.Protein complex formation and intranuclear dynamics of NAC1 in cancer cells.
Nakayama N, Kato H, Sakashita G, Nariai Y, Nakayama K, Kyo S, Urano T.
Arch Biochem Biophys.606:10-15, 2016.

13.TNFα-induced IKKβ complex activation influences epithelial, but not stromal cell survival in endometriosis.
Kocbek V, Grandi G, Blank F, Wotzkow C, Bersinger NA, Mueller MD, Kyo S,
Mol Hum Reprod.22:768-777, 2016.

 

総説(英文)


14.PPP2R1A (protein phosphatase 2 regulatory subunit A, alpha).
Sultana R, Nakayama K, Nakamura K, Kyo S.
Atlas Genet Cytogenet Oncol Haematol, 2016.

15.Molecular-biological characteristics of Type I, ovarian low-grade serous and mucinous carcinomas and prospects of molecular-targeted therapy.
Nakayama K, Nakamura K, Ishibashi T, Sanuki K, Kyo S.
J Carcinog Mutagen. 7: 261, 2016.

16.Current concepts and practical techniques of nerve-sparing laparoscopic radical hysterectomy.
Kyo S. Kato T, Nakayama K.
Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol. 207:80-88, 2016.


症例報告(英文)

17.Case of a woman with acromegaly whose presenting complaint was prolonged post-partum amenorrhea.
Hara T, Kanasaki H, Oride A, Moriyama M, Kyo S.
J Obstet Gynaecol Res. 42:1379-1384, 2016.

18.Letrozole as second-line hormonal treatment for recurrent low-grade endometrial stromal sarcoma: case report and review of the literature.
Nakamura K, Nakayama K, Ishikawa M, Katagiri H, Ishibashi T, Sato E, Kyo S.
Oncol Lett. 12:3856-3860, 2016.

19.Utility of ovarian biopsy in pancreatic metastasis of high-grade serous ovarian carcinoma: a case report.
Nakamura K, Nakayama K, Ishikawa M, Ishikawa M, Nagase M, Katagiri A, Katagiri H, Ishibashi T, Sato E, Kyo S.
Mol Clin Oncol. 5:41-43, 2016.

20.Non-Hodgkin lymphoma of the female genital tract mimicking primary gynecological tumors: A single-center series of 3 cases.
Rahman M, Nakayama K, Rahman MT, Ishikawa M, Katagiri H, Katagiri A, Sato E, Iida K, Miyazaki K.
Eur J Gynaecol Oncol. 37:117-121, 2016.

21.Rare case of complicated congenital anomalies of female reproductive organs with bilateral undescended ovaries.
Oride A, Kanasaki H, Ishihara T, Kyo S.
J Obstet Gynaecol Res. 42:895-898, 2016.

 

著書(和文)

1.CQ211 異型のない子宮内膜増殖症の診断と治療は?
中山 健太郎
産婦人科診療ガイドライン、婦人科編 2017年版、金原出版、東京、2017年発刊予定


2.CQ218 マイクロ波子宮内膜アブレーションを行う際の留意点は?
中山 健太郎
産婦人科診療ガイドライン、婦人科編 2017年版、金原出版、東京、2017年発刊予定


3.CQ305 器質性疾患のない過多月経の薬物療法は?
中山 健太郎
産婦人科診療ガイドライン、婦人科編 2017年版、金原出版、東京、2017年発刊予定


4.CQ306 器質性疾患のない過多月経に対する薬物療法以外の治療は?
中山 健太郎
産婦人科診療ガイドライン、婦人科編 2017年版、金原出版、東京、2017年発刊予定


5.CQ7 IB2・IIA2期(扁平上皮癌)に対して推奨される治療は?
中山 健太郎
子宮頚がん治療ガイドライン 2017年版、金原出版、東京、2017年発刊予定


6.CQ15 IB・II期の腺癌に対して推奨される治療は?
中山 健太郎
子宮頚がん治療ガイドライン 2017年版、金原出版、東京、2017年発刊予定


原著(和文)

 1.機能強化型在宅支援診療所における癌緩和ケアと看取りの実際
中山 真美、杉浦 弘明、美川 達郎、豊田 浩作、花田 梢、須佐 建久、遠藤 正博、嵯峨山  敦、中山 健太郎、廣瀬 昌弘
島根医学 36: 18-26, 2016

 

総説(和文)

1.卵巣漿液性癌の新しい概念
京 哲、中山 健太郎
臨床婦人科産科 70: 8, 732-740, 2016

 

国際学会発表

1.Response of pituitary gonadotrophs by pulsatile GnRH stimulation Session V:Reproduction.
Kanaskai H, Oride A, Hara T, Suzuki S, kyo S.
International Symposium on Pituitary Gland and Related Systems (ISPGR)
9/1-9/5, 2016 Honolulu (USA)

2.Mutal regulation by GnRH and kisspeptin of their receptor expression and its impact on the gene expression of gonadotropin subunits.
Oride A, Kanaskai H, Hara T, Suzuki S, kyo S.
International Symposium on Pituitary Gland and Related Systems (ISPGR)
9/1-9/5, 2016 Honolulu (USA)

3.Regulation of kisspeptin and gonadotropin-releasing hormone expression in rat placenta: Study using primary cultures of rat placental cells.
Suzuki S, Kanaskai H, Oride A, Hara T, kyo S.
International Symposium on Pituitary Gland and Related Systems (ISPGR)
9/1-9/5, 2016 Honolulu (USA)

4.Establishment of in vitro carcinogenic model of high-grade serous ovarian carcinoma using immortalized fallopian tubal secretory epithelial cell.
Nakamura K, Nakayama K, Kiyono T, Ishikawa N, Ishikawa M, Katagiri H, Minamoto T, Ishibashi T, Sato E, Iida K, Sultana R, Kyo S.
AACR Meeting 2016 
4/16-4/20, 2016New Orleans (USA)


特別講演・教育講演

1.産婦人科臨床医も知っておきたいがん免疫チェックポイント阻害剤
中山 健太郎
第3回島根産科婦人科学会学術集会・島根県産婦人科医会研修会
平成28年12月11日 出雲市


2.周産期医療協議会からのFeedback
皆本 敏子
第3回島根産科婦人科学会学術集会・島根県産婦人科医会研修会
平成28年12月11日 出雲市


3.今あらためて子宮頚癌を考える
京 哲
平成28年度島根産婦人科医会講演会「HPV感染症とワクチン研修会」 特別講演
平成28年11月20日 松江市


4.子宮頚癌治療はどこに向かうのか?-鍵を握る内視鏡手術と化学療法の進歩-
京 哲
第17回北陸内視鏡および子宮頸癌手術研究会 特別講演
平成28年10月2日 金沢市


5.子宮頚癌手術の最近の動向と将来展望
京 哲
第223回熊本産婦人科学会学術講演会 特別講演
平成28年10月2日 熊本市


6.妊孕性温存を希望する初期子宮頚がん患者に対する機能温存手術
京 哲
平成28年度文部科学省癌プロフェッショナル養成基盤推進プラン がんプロ講演会
平成28年10月2日 盛岡市


7.神経内分泌と生殖
金﨑 春彦
第69回中国四国産科婦人科学会学術講演会 専攻医教育プログラム
平成28年9月24日-25日 高松市


8.卵巣癌のoriginを考える-今、臨床医に求められること-
京 哲
第10回千葉産婦人科臨床問題研究会 特別講演
平成28年9月15日 千葉市


9.テロメアbiologyとその臨床応用
京 哲
川崎医学講演会 特別講演
平成28年8月26日 倉敷市


10.細胞の機能異常:癌化過程を整理する
京 哲
第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 教育講演
平成28年7月8日 米子市


11.卵巣癌のoriginを考える
京 哲
茨城婦人科腫瘍研究会 特別講演
平成28年6月10日 土浦市


12.卵巣癌のoriginを考える
京 哲
第61回徳島婦人科腫瘍研究会 特別講演
平成28年5月19日 徳島市


13.日常診療における子宮内膜アブレーション
中山 健太郎
第330回二水会 特別講演
平成28年5月18日 広島市


14.卵巣癌の疫学・診断・治療
中山 健太郎
第68回日本産科婦人科学会学術講演会 専攻医教育プログラム
平成28年4月21日~24日 東京都


15.子宮内膜症をめぐる最近の話題
京 哲
第1回石見子宮内膜症フォーラム 特別講演
平成28年1月20日 浜田市

 

シンポジウム・ワークショップ等

1.学会では発表できないためになる話
石橋 朋佳
第69回中国四国産科婦人科学会学術講演会 ランチョントーク
平成28年9月24日-25日 高松市


2.in vitro発癌モデルから見えてきた漿液性卵巣癌発生機構
中山 健太郎、中村 康平、石橋 朋佳、石川 雅子、佐藤 絵美、佐貫 薫、山下 瞳、小野 瑠璃子、モハメド・フセイン、スルタナ・ラジア、飯田 幸司、皆本 敏子、草野 透、京  哲
第48回日本臨床分子形態学会 シンポジウム
平成28年9月23日 熊本市


3.腹腔鏡下神経温存広汎子宮全摘術における最適な膀胱子宮靱帯後層処理法を考える
京 哲
第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 ミニワークショップ
平成28年9月1日~3日 長崎市


4.卵管采上皮分泌不死化細胞株を用いた卵巣高悪性度漿液性癌の眼科モデル作成と発癌分子 機構の解析
中村 康平、中山 健太郎、石川 雅子、片桐 浩、皆本 敏子、片桐 敦子、石橋 朋佳、佐藤 絵美、佐貫 薫、山下 瞳、飯田 幸司、京 哲
第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 ミニワークショップ
平成28年7月8日~10日 米子市


5.婦人科腫瘍に対する鏡視下手術の動向と展望
京 哲
第41回日本外科系連合学会 ビデオシンポジウム
平成28年6月16日 大阪市


6.下垂体ゴナドトローフにおけるGnRH 受容体とキスペプチン受容体(GPR54)の相互作 用について
スクバッタル・ウヌルジャルガル、金崎 春彦、ミジドルジ・ツェルメグ、折出 亜希、京 哲
第68回日本産科婦人科学会学術講演会 ミニワークショップ
平成28年4月21日~24日 東京都


7.ラット胎仔脳神経初代培養細胞を用いたkisspeptin によるGnRHニューロン制御機構の 検討
折出 亜希、金崎 春彦、原 友美、京 哲
第68回日本産科婦人科学会学術講演会 ミニワークショップ
平成28年4月21日~24日 東京都


8.卵管采上皮分泌不死化細胞株を用いた卵巣高悪性度漿液性癌の癌化モデル作成と発癌分子 機構の解析
⇒優秀演題賞
中村 康平、中山 健太郎、石川 雅子、片桐 浩、佐藤 絵美、石橋 朋佳、片桐 敦子、塚尾 麻由、佐貫 薫、山下 瞳、加藤 一朗、皆本 敏子、スルタナラジア、飯田 幸司、京  哲
第68回日本産科婦人科学会学術講演会 ミニワークショップ
平成28年4月21日~24日 東京都


9.二刀流:卵巣癌発生機構の解明と最新の婦人科悪性腫瘍手術への取り組み
中山 健太郎
第3回松島シンポジウム
平成28年3月 仙台市

 

国内学会発表

1.子宮内膜症によるダグラス窩完全閉塞症例に対するTLH
-逆行性子宮全摘出術の導入-
中村 康平、中山 健太郎、石川 雅子、皆本 敏子、折出 亜希、石橋 朋佳、原 友美、佐貫 薫、山下 瞳、小野 瑠璃子、笹森 博貴、金崎 春彦、京 哲
第3回島根産科婦人科学会学術集会・島根県産婦人科医会研修会
平成28年12月11日 出雲市


2.子宮体癌における腫瘍サイズの臨床病理学的意義
山下 瞳、中山 健太郎、石川 雅子、石橋 朋佳、中村 康平、原 友美、佐貫 薫、小野 瑠璃子、折出 亜希、皆本 敏子、金崎 春彦、京 哲
第3回島根産科婦人科学会学術集会・島根県産婦人科医会研修会
平成28年12月11日 出雲市


3.治療抵抗性下大静脈内血栓症との鑑別に苦慮したIntravenous leiomyomatosis(IVL) の1例
小野 瑠璃子、中山 健太郎、山下 瞳、佐貫 薫、中村 康平、石橋 朋佳、石川 雅子、皆本 敏子、京 哲
第3回島根産科婦人科学会学術集会・島根県産婦人科医会研修会
平成28年12月11日 出雲市


4.Body stalk anomalyの1例
岡田 裕枝、皆本 敏子、笹森 博貴、小野 瑠璃子、佐貫 薫、山下 瞳、中村 康平、原 友美、石橋 朋佳、石川 雅子、折出 亜希、金﨑 春彦、中山 健太郎、京 哲
第3回島根産科婦人科学会学術集会・島根県産婦人科医会研修会
平成28年12月11日 出雲市


5.当院におけるNIPTの現状
笹森 博貴、皆本 敏子、岡田 裕枝、中村 秋穂、山下 瞳、佐貫 薫、原 友美、中村 康平、石橋 朋佳、石川 雅子、折出 亜希、中山 健太郎、金崎 春彦、京 哲
第3回島根産科婦人科学会学術集会・島根県産婦人科医会研修会
平成28年12月11日 出雲市


6.腹腔鏡下神経温存広汎子宮全摘術-膀胱子宮靱帯処理の工夫-
京 哲
第6回広汎子宮全摘勉強会
平成28年11月26日 松山市


7.CapioTM SLIMキャプチャリングデバイスを用いたTVM手術の試み
金﨑 春彦、折出 亜希、原 友美、京 哲
第31回日本女性医学会学術集会
平成28年11月5日-6日 京都市


8.低ゴナドトロピン性性腺機能低下症症例の検討
折出 亜希,金崎 春彦,原 友美,京  哲
第61回日本生殖医学会学術講演会
平成28年11月3日-4日 横浜市


9.Tension free vaginal mesh(TVM)手術の術後経過に関する検討
原 友美、金崎 春彦、折出 亜希、京 哲
第69回中国四国産科婦人科学会学術講演会
平成28年9月24日-25日 高松市


10.当科における低ゴナドトロピン性性腺機能低下症症例の検討
折出 亜希,金崎 春彦,原 友美,京  哲
第69回中国四国産科婦人科学会学術講演会
平成28年9月24日-25日 高松市


11.癒着胎盤の保存的治療
小野 瑠璃子、山下 瞳、佐貫 薫、中村 康平、石橋 朋佳、石川 雅子、中山 健太郎、京 哲
第69回中国四国産科婦人科学会学術講演会
平成28年9月24日-25日 高松市


12.大型筋腫、頸部筋腫に対するTLHを安全に行うための工夫
佐貫 薫、中山 健太郎、中村 康平、石橋 朋佳、山下 瞳、小野 瑠璃子、皆本 敏子、石川 雅子、京 哲
第69回中国四国産科婦人科学会学術講演会
平成28年9月24日-25日 高松市


13.安心、安全に腹腔鏡下子宮全摘術を行うための新デバイスを用いた工夫
山下 瞳、中山 健太郎、石川 雅子、石橋 朋佳、中村 康平、原 友美、佐貫 薫、小野 瑠璃子、折出 亜希、皆本 敏子、金崎 春彦、京 哲 
第69回中国四国産科婦人科学会学術講演会
平成28年9月24日-25日 高松市


14.治療抵抗性の脱分化卵巣粘液性癌の遺伝子解析
佐貫 薫、中山 健太郎、中村 康平、皆本 敏子、石橋 朋佳、山下 瞳、小野 瑠璃子、スルタナ・ラジア、飯田 幸司、石川 雅子、京 哲
第48回日本臨床分子形態学会
平成28年9月23日 熊本市


15.子宮体癌における免疫チェックポイント阻害薬(抗PD-1,抗PD-L1抗体)の治療効果予 測バイオマーカーの探索
山下 瞳、中山 健太郎、石川 雅子、石橋 朋佳、中村 康平、佐貫 薫、小野 瑠璃子、飯田 幸司、スルタナ・ラジア、皆本 敏子、石川 典由、京 哲
第48回日本臨床分子形態学会
平成28年9月23日 熊本市


16.2.45GHzマイクロ波を用いたMEA後の長期的予後の検討
中村 康平、中山 健太郎、皆本 敏子、石橋 朋佳、佐貫 薫、山下 瞳、小野 瑠璃子、石川 雅子、京 哲
第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 
平成28年9月1日~3日 長崎市


17.腹腔鏡下子宮全摘術の治療成績と大型筋腫への対応
佐貫 薫、中山 健太郎、中村 康平、石橋 朋佳、山下 瞳、小野 瑠璃子、皆本 敏子、石川 雅子、京 哲
第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 
平成28年9月1日~3日 長崎市


18.大型の頸部筋腫に対する腹腔鏡下子宮全摘術の工夫
小野 瑠璃子、中山 健太郎、山下 瞳、佐貫 薫、中村 康平、石橋 朋佳、石川 雅子、皆本 敏子、京 哲
第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 
平成28年9月1日~3日 長崎市


19.安心、安全に腹腔鏡下子宮全摘術を行うための新デバイスを用いた工夫
山下 瞳、中山 健太郎、石川 雅子、石橋 朋佳、中村 康平、原 友美、佐貫 薫、小野 瑠璃子、折出 亜希、皆本 敏子、金崎 春彦、京 哲
第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 
平成28年9月1日~3日 長崎市


20.当院での腹腔鏡下子宮体がん根治術の治療成績
石橋 朋佳、中山 健太郎、小野 瑠璃子、山下 瞳、佐貫 薫、中村 康平、石川 雅子、京 哲第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 
平成28年9月1日~3日 長崎市


21.腹腔鏡下及びロボット支援広汎子宮全摘術と開腹広汎子宮全摘術の比較検討
中山 健太郎、石橋 朋佳、石川 雅子、中村 康平、小野 瑠璃子、山下 瞳、佐貫 薫、佐藤 絵美、皆本 敏子、京 哲
第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 
平成28年9月1日~3日 長崎市


22.ロボット支援下手術の現状について
石川 雅子、中山 健太郎、小野 瑠璃子、佐貫 薫、山下 瞳、中村 康平、石橋 朋佳、皆本 敏子、 京  哲
第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 
平成28年9月1日~3日 長崎市


23.エストラジオール(E2)値とPositive feedback機構に関する検討
折出 亜希、金崎 晴彦、原 朋美、京 哲
第52回 中国四国生殖医学会総会・学術講演会 
平成28年8月27日 岡山市


24.当科における腹腔鏡下悪性腫瘍手術に対する取り組み
小野 瑠璃子、中山 健太郎、山下 瞳、佐貫 薫、中村 康平、石橋 朋佳、石川 雅子、皆本 敏子、京 哲
第3回中日本産婦人科セミナー
平成28年7月30日~31日 新潟市


25.卵管采上皮分泌不死化細胞株を用いた卵巣悪性度漿液性癌の癌化モデル作成と発癌分子 機構の解析
中村 康平、中山 健太郎、石川 雅子、石橋 朋佳、佐貫 薫、山下 瞳、小野 瑠璃子、スルタナ・ラジア、飯田 幸司、皆本 敏子、京 哲
第3回中日本産婦人科セミナー
平成28年7月30日~31日 新潟市


26.卵巣漿液性嚢胞腺腫由来不死化細胞株の樹立Low grade serous carcinomaの発癌モ デル構築に向けて
石橋 朋佳、中山 健太郎、小野 瑠璃子、山下 瞳、佐貫 薫、中村 康平、石川 雅子、スルタナ・ラジア、飯田 幸司、京 哲
第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会
平成28年7月8日~10日 米子市


27.子宮頚癌において治療前のD-dimer高値は独立予後不良因子である
山下 瞳、中山 健太郎、石川 雅子、石橋 朋佳、中村 康平、原 友美、佐貫 薫、小野 瑠璃子、折出 亜希、皆本 敏子、金崎 春彦、京 哲
第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 
平成28年7月8日~10日 米子市


28.腹腔鏡下広汎子宮全摘術と開腹広汎子宮全摘術の比較検討
中山 健太郎、石橋 朋佳、石川 雅子、小野 瑠璃子、山下 瞳、佐貫 薫、中村 康平、京 哲
第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 
平成28年7月8日~10日 米子市


29.Liquid microdissectionで抽出したDNAを用いた卵巣類内膜癌・明細胞癌の発癌機構 についての検討
石川 雅子、中山 健太郎、佐貫 薫、山下 瞳、佐藤 絵美、中村 康平、片桐 浩、片桐 敦子、スルタナ・ラジア、飯田 幸司、皆本 敏子、京  哲
第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 
平成28年7月8日~10日 米子市


30.化学療法抵抗性で急激な転帰を辿った若年性卵巣粘液性癌の1例
佐貫 薫、中山 健太郎、中村 康平、皆本 敏子、石橋 朋佳、山下 瞳、小野 瑠璃子、スルタナ・ラジア、飯田 幸司、石川 雅子、京 哲
第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 
平成28年7月8日~10日 米子市


31.腹腔鏡下子宮体がん根治術の治療成績
中山 健太郎、石橋 朋佳、石川 雅子、小野 瑠璃子、山下 瞳、佐貫 薫、中村 康平、皆本 敏子、京 哲
第16回山陰産科婦人科内視鏡研究会
平成28年5月21日 米子市


32.Trichostatin AによるGnRH発現制御に関する検討
ミジドルジ・ツェルメグ、金崎 春彦、スへバタル・ウヌルジャルガル、折出 亜希、京 哲
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
平成28年4月21日~24日 東京都


33.胎盤におけるGnRH及びキスペプチン発現に関する検討
金﨑 春彦、折出 亜希、ミジドルジ・ツェルメグ、スへバタル・ウヌルジャルガル、京 哲
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
平成28年4月21日~24日 東京都


34.ARID1A変異型卵巣明細胞癌におけるARID1Bを標的とした治療戦略
佐藤 絵美、中山 健太郎、山下 瞳、佐貫 薫、中村 康平、石橋 朋佳、小野 瑠璃子、石川 雅子、皆本 敏子、京 哲 
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
平成28年4月21日~24日 東京都


35.初代培養、sell sorting systemで抽出したDNAを用いた子宮内膜症関連卵巣癌の遺伝子解析
石川 雅子、中山 健太郎、佐貫 薫、山下 瞳、佐藤 絵美、中村 康平、片桐 浩、片桐 敦子、スルタナ・ラジア、飯田 幸司、皆本 敏子、京  哲
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
平成28年4月21日~24日 東京都 


36.卵巣漿液性嚢胞腺腫由来不死化細胞株の樹立 ~Low grade serous carcinomaのin vitro発癌モデルの構築に向けて~
石橋 朋佳、中山 健太郎、小野 瑠璃子、山下 瞳、佐貫 薫、中村 康平、石川 雅子、スルタナ・ラジア、飯田 幸司、京 哲  
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
平成28年4月21日~24日 東京都


37.腹腔鏡下広汎子宮全摘術と開腹広汎子宮全摘術の比較検討
中山 健太郎、石川 雅子、片桐 浩 、中村 康平、佐藤 絵美、石橋 朋佳、片桐 敦子、佐貫 薫、山下 瞳、塚尾 麻由、皆本 敏子、京  哲
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
平成28年4月21日~24日 東京都


38.過多月経に対する2.45GHマイクロ波を用いたMEA後の長期的予後の検討
佐貫 薫、中山 健太郎、中村 康平、石橋 朋佳、山下 瞳、小野 瑠璃子、皆本 敏子、石川 雅子、京 哲
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
平成28年4月21日~24日 東京都


39.当科におけるBevacizumab併用療法の使用経験 ~進行・再発卵巣癌、再発子宮体癌、再発子宮頚癌に対する使用から~
塚尾 麻由
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
平成28年4月21日~24日 東京都


40.本邦における明細胞腺癌のTERT promoter mutationの頻度はきわめて稀である
片桐 浩、中山 健太郎、中村 康平、佐藤 絵美、原 友美、石橋 朋佳、石川 雅子、片桐 敦子、飯田 幸司、京  哲
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
平成28年4月21日~24日 東京都


41.離島においてこそALSO・BLSOが必要不可欠である
加藤 一朗、佐藤 絵美、塚尾 麻由、山下 瞳、佐貫 薫、中村 康平、石橋 朋佳、石原 とも子、片桐 敦子、片桐 浩、石川 雅子、皆本 敏子、折出 亜希、中山 健太郎、金崎 春彦、京 哲
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
平成28年4月21日~24日 東京都


42.子宮頚癌において治療前のD-dimer高値は独立予後不良因子である
山下 瞳、中山 健太郎、石川 雅子、石橋 朋佳、中村 康平、原 友美、佐貫 薫、小野 瑠璃子、折出 亜希、皆本 敏子、金崎 春彦、京 哲
第68回日本産科婦人科学会学術講演会
平成28年4月21日~24日 東京都


43.絨毛細胞の不死化に関する研究
皆本敏子、中山 健太郎、小野 瑠璃子、佐貫 薫、山下 瞳、中村 康平、石橋 朋佳、石川 雅子、京 哲
第1回3大学次世代コンソーシアム
平成28年2月13日 熊本市