原著論文(英文)

1.Loss of autophagy-related protein Beclin 1 may define poor prognosis inovarian clear cell carcinomas.
Katagiri H, Nakayama K, Razia S, Nakamura K, Sato E, Ishibashi T, Ishikawa M,Iida K, Ishikawa N,
Otsuki Y, Nakayama S, Kyo S.
Int J Oncol. 47(6):2037-44, 2015.


2.Estrogen Receptor β Modulates Apoptosis Complexes and the Inflammasome to Drive the Pathogenesis of Endometriosis.
Han SJ, Jung SY, Wu SP, Hawkins SM, Park MJ, Kyo S, Qin J, Lydon JP, Tsai SY, Tsai MJ, DeMayo FJ, O'Malley BW.
Cell 163:960-974, 2015.


3.Detection of hypermutated human papillomavirus type 16 genome by Next-Generation Sequencing.
Wakae K, Aoyama S, Wang Z, Kitamura K, Liu G, Monjurul AM, Koura M, Imayasu M, Sakamoto N, Nakamura M, Kyo S, Kondo S, Fujiwara H, Yoshizaki T, Kukimoto I, Yamaguchi K, Shigenobu S, Nishiyama T, Muramatsu M.
Virology 485:460-466, 2015.


4.Nerve-sparing abdominal radical trachelectomy: a novel concept to preserve
uterine branches of pelvic nerves.
Kyo S, Mizumoto Y, Takakura M, Nakamura M, Sato E, Katagiri H, Ishikawa M, Nakayama K, Fujiwara H.
Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol. 193:5-9, 2015.


5.APOBEC3A and 3C decrease human papillomavirus 16 pseudovirion infectivity. Ahasan MM, Wakae K, Wang Z, Kitamura K, Liu G, Koura M, Imayasu M, Sakamoto N, Hanaoka K, Nakamura M, Kyo S, Kondo S, Fujiwara H, Yoshizaki T,Mori S, Kukimoto I, Muramatsu M.
Biochem Biophys Res Commun. 457:295-299, 2015.


6.Dienogest, a synthetic progestin, down-regulates expression of CYP19A1 and inflammatory and neuroangiogenesis factors through progesterone receptor isoforms A and B in endometriotic cells.
Ichioka M, Mita S, Shimizu Y, Imada K, Kiyono T, Bono Y, Kyo S.
J Steroid Biochem Mol Biol. 147:103-110, 2015.


7.Efficacy of multiple microwave endometrial ablation technique for menorrhagia resulting from adenomyosis.
Nakamura K, Nakayama K, Ishikawa M, Katagiri H, Katagiri A, Ishibashi T, Sato E, Asakawa Y, Kyo S.
J Obstet Gynaecol Res.41:1769-1772, 2015.


8.Stimulation of δ subunit-containing GABAA receptor by DS1 increases GnRH receptor expression but reduces GnRH mRNA expression in GnRH-producing GT1-7 cells.
Sukhbaatar U, Mijiddorj T, Oride A and Kanasaki H.
Endocrine 49: 222-230, 2015.


9.DS1, a δ subunit-containing GABAA receptor agonist, increases gonadotropin
subunit gene expression in pituitary gonadotrophs.
Mijiddorj T, Kanasaki H, Sukhbaatar U, Oride A and Kyo S.
Biol Reprod. 92:1-8, 2015.


10.Comparison of human menopausal gonadotropin stimulation with and without clomiphene for in vitro fertilization in poor responders.
Oride A, Kanasaki H, Miyazaki K.
J Obstet Gynecol. 35: 163-167, 2015.


11.Trichostatin A reduces GnRH mRNA expression with a concomitant increase in retinaldehyde dehydrogenase in GnRH-producing neurons.
Kanasaki H, Mijiddorj T, Sukhbaatar U, Oride A, Ishihara T, Yamagami I, Kyo S.
Mol Cell Endocrinol. 413:113-119, 2015.


12.Regulation of kisspeptin and gonadotropin-releasing hormone expression in rat placenta: Study using primary cultures of rat placental cells.
Oride A, Kanasaki H, Mijiddorj T, Sukhbaatar U, Ishihara T, Kyo S.
Reprod Biol Endocrinol. 13:90, 2015.

13.Prognostic role and implications of mutation status of tumor suppressor gene ARID1A in cancer: a systematic review and meta-analysis.Luchini C, Veronese N, Solmi M, Cho H, Kim JH, Chou A, Gill AJ, Faraj SF, Chaux A, Netto GJ, Nakayama K, Kyo S, Lee SY, Kim DW, Yousef GM, Scorilas A, Nelson GS, Köbel M, Kalloger SE, Schaeffer DF, Yan HB, Liu F, Yokoyama Y, Zhang X, Pang D, Lichner Z, Sergi G, Manzato E, Capelli P, Wood LD, Scarpa A, Correll CU. Oncotarget 6:39088-39097, 2015.

                                                                                        

 

総説(英文)

14.Endometrial Cancer Stem Cell as a Potential Therapeutic Target. Review article.
Kyo S, Kato K.
Semin Reprod Med. 33:341-349, 2015.


15.Prognostic role and implications of mutation status of tumor suppressor gene ARID1A in cancer: a systematic review and meta-analysis. Review article.
Luchini C, Veronese N, Solmi M, Cho H, Kim JH, Chou A, Gill AJ, Faraj SF, Chaux A, Netto GJ, Nakayama K, Kyo S, Lee SY, Kim DW, Yousef GM, Scorilas A, Nelson GS, Köbel M, Kalloger SE, Schaeffer DF, Yan HB, Liu F, Yokoyama Y, Zhang X, Pang D, Lichner Z, Sergi G, Manzato E, Capelli P, Wood LD, Scarpa A, Correll CU.
Oncotarget.36:39088-39097, 2015.


16.Role of pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide (PACAP) in modulating hypothalamus-pituitary neuroendocrine functions in mouse cell models. Review article.
Kanasaki H, Oride A and Kyo S.
J Neuroendocrinol. 27: 1-7, 2015.


17.Role of thyrotropin-releasing hormone in prolactin-producing cell models. Review article.
Kanasaki H, Oride A, Mijiddorj T, Kyo S.
Neuropeptides 54:77-73, 2015.

症例報告(英文)

18.Bevacizumab plus chemotherapy continued beyond progression in patients with type II endometrial cancer previously treated with bevacizumab plus chemotherapy: A case report.
Sato E, Nakayama K, Nakamura K, Ishikawa M, Katagiri H, Kyo S.
Ann Oncol. 24:2342-9, 2015.


19.A case of idiopathic acute pancreatitis in the first trimester of pregnancy.
Hara T, Kanasaki H, Oride A, Ishihara T, Kyo S.
Case Rep Obstet Gynecol. 2015;2015:469527, 2015.


20.A case with life-threatening uterine bleeding due to postmenopausal uterine arteriovenous malformation.
Sato E, Nakayama K, Nakamura K, Ishikawa M, Katagiri H, Kyo S.
BMC Womens Health. 15: 12905-12915, 2015.


著書(和文)

1.CQ35 胚細胞性腫瘍に対して推奨される手術術式は? CQ37 悪性卵巣胚細胞腫瘍の再発例に対する治療法は?
中山健太郎
卵巣がん治療ガイドライン2015年版、金原出版、東京、2015


2.Q56 免疫療法は効果があるでしょうか?
中山健太郎
患者さんと家族のための子宮頚がん、体がん、卵巣がん治療ガイドラインの解説
2015年版、金原出版、東京

3.子宮頸癌、卵巣癌の基礎知識
京 哲
がん栄養療法ガイドブック
2015年版、メディカルビュー

原著(和文)

 1.δGABAA受容体特異的作動薬DS1によるゴナドトロピンサブユニット発現
折出 亜希、金崎 春彦、ミジドルジ ツェルメグ、スクバッタル ウヌルジャルガル、京 哲日本生殖内分泌学会雑誌 20:53−58, 2015

総説(和文)

1.卵巣癌薬物療法の新たな潮流、Low Grade Serous, Mucinous Carcinoma
中山健太郎、京 哲
癌と化学療法 42:2, 179−182, 2015

2.子宮内膜癌の分子生物学(子宮内膜癌治療の最前線)
中山健太郎、京 哲
産婦人科の実際 64:5, 679−685, 2015

3.婦人科悪性腫瘍に対する分子標的治療
中山健太郎、京 哲
MEDICAMENT NEWS 第2203号 2015

4.悪性腫瘍治療の新展開、分子標的治療
中山健太郎
日本産科婦人科学会雑誌、67:9, 1968−1972

5.視床下部-下垂体-性腺軸における最近の話題
金崎 春彦
香川産科婦人科雑誌 17:1, 7−10, 2015

6.月経異常 原発性及び続発性無月経
金崎 春彦、折出 亜希、京 哲
臨床産婦 69:374−380, 2015

7.疾患別からみた生活習慣とがん 卵巣がん
宮崎 康二、原 友美、森山 昌之、中山健太郎
成人病と生活習慣病 45:10, 1275−1279, 2015

 国際学会(特別講演・教育講演)

Overview of cervical carcinogenesis via HPV infection
Kyo S.
23th.International Congree on Nutrition and Integrative Medicine,7/26, 2015.
Sapporo

国際学会(一般演題)

1.DS1, a δ-subunit-containing GABAA receptor agonist, reduces GnRH mRNA expression in GnRH-producing cells but increases gonadotropin subunit gene expression in pituitary gonadotrophs.
Oride A, Kanasaki H, Mijiddorj T, Unurjargar S, Hara T, Ishihara T, Kyo S
IFFS/JSRM international meeting 2015, Yokohama (Japan), 4/25-29, 2015

2.Possible involvement of retinaldehyde dehydrogenase (RALDH) in Trichostatin A induced reduction of GnRH mRNA expression.
Kanasaki H, Oride A, Mijiddorj T, Unurjargar S, Hara T, Ishihara T, Kyo S
IFFS/JSRM international meeting 2015, Yokohama (Japan), 4/25-29, 2015

特別講演・教育講演

1.最近の女性を取り巻く動向と気になる病気
京 哲
産業医学推進研究会近畿地方会長 特別講演
平成27年12月19日 大阪

2.最近の女性を取り巻く動向と気になる病気
京 哲
宇治徳州会病院講演会 特別講演
平成27年12月16日 宇治市

3.子宮内膜症細胞の安定培養系の確立とその応用
京 哲
第8回滋賀子宮内膜症・月経困難症懇話会 特別講演
平成27年11月28日 大津市

4.更年期における女性のヘルスケア
京 哲
第4回ドライマウス研究会 特別講演
平成27年11月18日 出雲市

5.ザ・広汎子宮全摘術-----その現状と展望 -----
京 哲
第16回北陸内視鏡及び子宮頚癌手術研究会 特別講演
平成27年11月8日 金沢市

6.子宮体癌幹細胞を標的とする治療開発を目指して
京 哲
第53回日本癌治療学会学術集会 シンポジウム
平成27年10月30日 京都市

7.卵巣漿液性腺癌のoriginを考える
京 哲
KCOG婦人科分科会 特別講演
平成27年10月29日 京都市

8.子宮頚癌手術の現在、過去、未来
京 哲
岐阜産科婦人科研究会 特別講演
平成27年10月15日 岐阜市

9.子宮頚癌手術の再考と新たな展開
京 哲
第5回北海道産婦人科周術期合併症研究会 特別講演
平成27年9月26日 札幌市

10.子宮頚癌手術の再考と将来展望
京 哲
第56回三重県生涯教育特別セミナー 特別講演
平成27年9月17日 津市

11.婦人科腹腔鏡手術ハンズオントレーニング
中山健太郎
第68回中国四国産科婦人科学会学術講演会、若手プラスワンプロジェクト・ハンズオンセミナー2
平成27年9月6日 倉敷市

12.ゴナドトロピンサブユニット遺伝子発現調節機構に関する研究
金崎 春彦
日本下垂体研究会 第30回学術集会、吉村賞受賞講演
平成27年8月6日 黒部市

13.腫瘍細胞のバイオイメージングとその臨床応用
京 哲
第56回日本臨床細胞学会総会 特別講演
平成27年6月14日 松江市

14.子宮頸癌手術の再考と新たな展開
京 哲
堺産婦人科医会学術講演会 特別講演
平成27年6月13日堺市

15.最近の女性を取り巻く動向と気になる病気
京 哲
隠岐の島医師会学術講演会 特別講演
平成27年6月11日 隠岐の島町

16.子宮頚癌手術の再考と工夫----新たな視点より-----
京 哲
奈良産婦人科医会 特別講演
平成27年5月23日 松江市

17.悪性腫瘍治療の新展開 分子標的治療
中山健太郎
第67回日本産科婦人科学会学術講演会、生涯研修プログラム
平成27年4月10日 横浜市

18.原発性無月経の診断と治療
金崎 春彦
第67回日本産科婦人科学会学術講演会、専門医教育プログラム
平成27年4月9日 横浜市

19.当科における子宮頚癌手術の工夫と若手産婦人科医へのメッセージ
京 哲
第325回二水会 特別講演
平成27年3月11日 広島市

20.新しい命を産み育むためのABC
京 哲
益田市周産期医療講演会 特別講演
平成27年2月28日 益田市

21.婦人科領域におけるテロメアbiologyとその臨床応用
京 哲
平成27年度 山口県産婦人科医会研修会 特別講演
平成27年2月1日 山口市

22.卵巣チョコレート嚢胞の癌化を考える
京 哲
第36回日本エンドメトリオージス学会 教育講演
平成27年1月25日 東京

シンポジウム・ワークショップ等

1.TypeI.TypeII漿液性卵巣癌のin vitro発癌モデルの構築~卵巣癌発生および、血管新生機構の解明にむけて~
中山健太郎、中村 康平、石橋 朋佳、石川 雅子、片桐 浩、佐藤 絵美、
スルタナ・ラジア、飯田 幸司、清野 透、京 哲
第57回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 シンポジウム
平成27年8月7〜9日 盛岡市


2.
卵巣明細胞腺癌におけるautophagy関連蛋白質Beclin-1の発現と予後の関連についての検討
片桐 浩、中山健太郎、中村 康平、佐藤 絵美、石橋 朋佳、片桐 敦子、
石川 雅子、京 哲
第57回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 ミニワークショップ
平成27年8月7〜9日 盛岡市


3.
GABAA受容体δサブユニット特異的作動薬DS1によるゴナドトロピン発現について
スクバッタル ウヌルジャル、金崎 春彦、ツェルメグ ミジドルジ、折出 亜希、石原とも子
原 友美、京 哲
第67回日本産科婦人科学会学術講演会、ミニワークショップ
平成27年4月10日 横浜市

4.GT1-7細胞を用いたGnRH遺伝子調節因子に関する検討
折出 亜希、金崎 春彦、ツェルメグ ミジドルジ、スクバッタル ウヌルジャル、
石原とも子、原 友美、京 哲
第67回日本産科婦人科学会学術講演会、ミニワークショップ
平成27年4月10日 横浜市

5.卵管采から分離した卵管采上皮不死化細胞株の樹立
中村 康平、中山健太郎、石川 雅子、佐藤 絵美、原 友美、石橋 朋佳、
石原とも子、片桐 浩、折出 亜希、金崎 春彦、飯田 幸司、京 哲
第67回日本産科婦人科学会学術講演会、ミニワークショップ
平成27年4月10日 横浜市

 

一般演題

1.腹腔鏡下子宮体がん根治術の治療成績
石橋 朋佳、中山健太郎、石川 雅子、片桐 浩、山下 瞳、佐貫 薫、
中村 康平、佐藤 絵美、片桐 敦子、塚尾 真由、折出 亜希、加藤 一郎、
皆本 敏子、金崎 春彦、京 哲
第23回島根県婦人科悪性腫瘍研究会
平成27年12月13日 出雲市

2.ロボット支援下手術の現状について
石川 雅子、中山健太郎、石橋 朋佳、片桐 浩、山下 瞳、佐貫 薫、中村 康平、佐藤 絵美、片桐 敦子、塚尾 真由、折出 亜希、加藤 一郎、皆本 敏子、金崎 春彦、京 哲
第23回島根県婦人科悪性腫瘍研究会平成27年12月13日 出雲市

3.TLHの治療成績と大型筋腫への対応
佐貫 薫、中山健太郎、石川 雅子、石橋 朋佳、片桐 浩、山下 瞳、
中村 康平、佐藤 絵美、片桐 敦子、塚尾 真由、折出 亜希、加藤 一郎、
皆本 敏子、金崎 春彦、京 哲
平成27年度第2回島根産科婦人科学会学術集会
平成27年12月13日 出雲市

4.当科における広汎子宮全摘術の現状
片桐 浩、中山健太郎、石川 雅子、山下 瞳、佐貫 薫、中村 康平、
佐藤 絵美、石橋 朋佳、片桐 敦子、塚尾 真由、折出 亜希、加藤 一郎、
皆本 敏子、金崎 春彦、京 哲
平成27年度第2回島根産科婦人科学会学術集会
平成27年12月13日 出雲市

5.当科における先天性心疾患の現状
塚尾 麻由、皆本 敏子、佐貫 薫、山下 瞳、中村 康平、石橋 朋佳、片桐 浩、片桐 敦子、石川 雅子、折出 亜希、加藤 一郎、中山健太郎、金崎 春彦、京 哲
平成27年度第2回島根産科婦人科学会学術集会
平成27年12月13日 出雲市

6.卵巣明細胞腺癌におけるautophagy関連蛋白質Beclin-1の発現と予後の関連についての検討片桐 浩、中山健太郎、石川 雅子、飯田 幸司、京 哲
第74回日本癌学会学術総会
平成27年10月8〜10日 名古屋市

7.両側卵管切除後3年でHigh-grade漿液性腺癌を発症した1例
石川 雅子、中山健太郎、佐藤 絵美、中村 康平、石橋 朋佳、片桐 浩、
片桐 敦子、飯田 幸司、スルタナ・ラジア、京 哲
第74回日本癌学会学術総会
平成27年10月8〜10日 名古屋市

8.卵巣癌における新規転写因子NAC-1はメチルトランスフェラーゼPRMT4と転写複合体を形成し機能する
中山健太郎、中山 真美、中村 康平、佐藤 絵美、石川 雅子、片桐 浩、石橋 朋佳、飯田 幸司、浦野 健、京 哲
第74回日本癌学会学術総会
平成27年10月8〜10日 名古屋市

9.腹腔鏡下広汎子宮全摘術における骨盤神経温存法の検討
京 哲、中山健太郎、片桐 浩、石川 雅子
第55回日本産婦人科内視鏡学会
平成27年9月11日 横浜市

10.婦人科腫瘍専門医によるTLH導入と腹腔鏡下悪性腫瘍手術導入の経緯について
中山健太郎、石川 雅子、片桐 浩、片桐 敦子、石橋 朋佳、佐藤 絵美、
中村 康平、京 哲
第55回日本産婦人科内視鏡学会
平成27年9月11日 横浜市

11.両側停留卵巣を伴った膣縦中隔と中隔子宮の1例
折出 亜希、金崎 春彦、佐藤 絵美、石原とも子、京 哲
第68回中国四国産科婦人科学会学術講演会
平成27年9月5〜6日 倉敷市

12.過多月経に対するMEA後の長期予後について~MEA後3年5か月で急速に筋腫増大し、子宮全摘術を施行した1症例の経験から~
佐貫 薫、中山健太郎、山下 瞳、佐藤 絵美、中村 康平、石橋 朋佳、片桐 浩、片桐 敦子、石川 雅子、京 哲
第68回中国四国産科婦人科学会学術講演会
平成27年9月5〜6日 倉敷市

13.早期子宮頸癌に対し腹腔鏡下広汎子宮全摘術を施行した1例
山下 瞳、中山健太郎、佐貫 薫、佐藤 絵美、中村 康平、塚尾 麻由、石橋 朋子
加藤 一朗、片桐 浩、片桐 敦子、石川 雅子、折出 亜希、皆本 敏子、金崎 春彦、京 哲第68回中国四国産科婦人科学会学術講演会
平成27年9月5〜6日 倉敷市

14.乳癌術後タモキシフェンクエン酸塩、トレミフェンクエン酸塩服用中に乳癌子宮内膜ポリープ転移をきたした1例
塚尾 麻由、中山健太郎、石川 雅子、佐貫 薫、山下 瞳、佐藤 絵美、中村 康平、石橋 朋佳、石原とも子、片桐 浩、片桐 敦子、折出 亜希、加藤 一朗、皆本 敏子、金崎 春彦、京 哲
第68回中国四国産科婦人科学会学術講演会
平成27年9月5〜6日 倉敷市

15.採卵時にempty zona pellucidaを認めた症例の検討
折出 亜希、金崎 春彦、京 哲
第16回日本内分泌学会中国支部学術集会
平成27年8月29日 広島市

16.ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤trichostatin A(TSA)はレチノイン酸合成酵素(RALDH)を誘導しGnRH発現を抑制する
スクバッタル ウヌルジャルガル、金崎 春彦、ミジドルジ ツェルメグ、折出 亜希、鈴木 伸吾、原 友美、京 哲
日本下垂体研究会第30回学術集会
平成27年8月5日 黒部市

17.ラット胎児脳神経初代培養細胞を用いたGnRH及びkisspeptin発現の検討
折出 亜希、金崎 春彦、ミジドルジ ツェルメグ、スクバッタル ウヌルジャルガル、
原 友美、鈴木 伸吾、京 哲
日本下垂体研究会第30回学術集会
平成27年8月5日 黒部市

18.卵管采から分離した卵管采上皮不死化細胞株の樹立
中村 康平、中山健太郎、石川 雅子、片桐 浩、佐藤 絵美、石橋 朋佳、
片桐 敦子、塚尾 麻由、佐貫 薫、山下 瞳、加藤 一朗、皆本 敏子、スルタナ・ラジア、飯田 幸司、京 哲
第14回日本婦人科がん分子標的研究会学術集会
平成27年7月17〜18日 松本市

19.両側卵管切除後3年でHigh-grade漿液性腺癌を発症した1例
石川 雅子、中山健太郎、佐藤 絵美、中村 康平、石橋 朋佳、片桐 浩、片桐 敦子、飯田 幸司、京 哲
第14回日本婦人科がん分子標的研究会学術集会
平成27年7月17〜18日 松本市

20.Low grade serous carcinomaの発癌機構について~発癌モデル構築に向けて~
石橋 朋佳、中山健太郎、中村 康平、佐藤 絵美、片桐 浩、片桐 敦子、
石川 雅子、飯田 幸司、京 哲
第14回日本婦人科がん分子標的研究会学術集会
平成27年7月17〜18日 松本市

21.卵巣癌発生、進展機構におけるPaire-box gene 8(PAX8)発現の意義
中村 康平、中山健太郎、石川 雅子、片桐 浩、片桐 敦子、石橋 朋佳、佐藤 絵美、石川 典由、丸山理留敬、中山 理、大月 寛郎、京 哲
第14回日本婦人科がん分子標的研究会学術集
平成27年7月17〜18日 松本市

22.Low grade serous carcinomaの発癌機構について~発癌モデル構築に向けて~
石橋 朋佳、中山健太郎、山下 瞳、佐貫 薫、中村 康平、佐藤 絵美、
片桐 浩、石川 雅子、スルタナ・ラジア、飯田 幸司、京 哲
第1回中日本産婦人科研究会
平成27年7月4〜5日 富山市

23.卵巣癌発生、進展機構におけるPaire-box gene 8(PAX8)発現の意義
中村 康平、中山健太郎、佐藤 絵美、石橋 朋佳、片桐 浩、石川 雅子、
大月 寛郎、中山 理、石川 典由、丸山理留敬、京 哲
第1回中日本産婦人科研究会
平成27年7月4〜5日 富山市

24.腹腔鏡下子宮全摘術および腹腔鏡下広汎子宮全摘術から得られる骨盤邸解剖の知見
京 哲、中山健太郎、石川 雅子、片桐 浩、石橋 朋佳、片桐 敦子、佐藤 絵美、中村 康平、山下 瞳、佐貫 薫、塚尾 麻由、石原とも子、加藤一朗、皆本敏子、折出亜希、金崎春彦
第82回出雲産婦人科医会臨床研究会
平成27年5月21日 出雲市

25.島根大学産婦人科における低侵襲手術の試み
京 哲、中山健太郎、石川 雅子、片桐 浩、石橋 朋佳、片桐 敦子、
佐藤 絵美、中村 康平、山下 瞳、佐貫 薫、塚尾 麻由、石原とも子、
加藤 一朗、皆本 敏子、折出 亜希、金崎 春彦
平成27年度第1回島根県産婦人科学会総会
平成27年5月17日 松江市

26.当科における腹腔鏡下子宮体がん根治術および腹腔鏡下広汎子宮全摘術の導入と手術手技の検討
京 哲、中山健太郎、石川 雅子、片桐 浩、石橋 朋佳、片桐 敦子、
佐藤 絵美、中村 康平、山下 瞳、佐貫 薫、塚尾 麻由、石原とも子、
加藤 一朗、皆本 敏子、折出 亜希、金崎 春彦
山陰産婦人科内視鏡研究会
平成27年5月16日 米子市

27.GABAA受容体δサブユニット特異的作動薬DS1によるゴナドトロピン発現
折出 亜希、金崎 春彦、ミジドルジ ツェルメグ、スクバッタル ウヌルジャルガル、石原とも子、原 友美、京 哲
第88回日本内分泌学会学術集会
平成27年4月25日 東京

28.ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤Treichostatin A(TSA)によるGnRH発現抑制について
金崎 春彦、折出 亜希、ミジドルジ ツェルメグ、スクバッタル ウヌルジャルガル、
石原とも子、原 友美、京 哲
第88回日本内分泌学会学術集会
平成27年4月25日 東京

29.胎盤ポリープ及び子宮動静脈奇形症例の検討
石原とも子、原 友美、折出 亜希、金崎 春彦、京 哲
第67回日本産科婦人科学会学術講演会
平成27年4月11日 横浜市

30.子宮内膜症焼灼後の子宮内膜の病理学的変化について
石橋 朋佳、中山健太郎、中村 康平、佐藤 絵美、片桐 浩、石川 雅子、
飯田 幸司、原 友美、石原とも子、折出 亜希、金崎 春彦、京 哲
第67回日本産科婦人科学会学術講演会
平成27年4月10〜12日 横浜市

31.卵巣癌における新規転写因子NAC-1はメチルトランスフェラーゼPRMT4と転写複合体を形成し機能する
中山健太郎、石川 雅子、片桐 浩、中村 康平、佐藤 絵美、石橋 朋佳、飯田 幸司、原 友美、石原とも子、折出 亜希、金崎 春彦、京 哲
第67回日本産科婦人科学会学術講演会
平成27年4月10〜12日 横浜市

32.卵巣明細胞腺癌におけるautophagyの役割
片桐 浩、中山健太郎、石川 雅子、佐藤 絵美、中村 康平、原 友美、
石橋 朋佳、石原とも子、片桐 敦子、折出 亜希、金崎 春彦、京 哲
第67回日本産科婦人科学会学術講演会
平成27年4月10〜12日 横浜市

33.子宮動静脈奇形(AVM)からの大量出血に対するマイクロ波子宮内膜アブレーションの使用経験
山下 瞳、中山健太郎、中村 康平、佐藤 絵美、原 友美、石橋 朋佳、
石原とも子、片桐 浩、石川 雅子、折出 亜希、金崎 春彦、京 哲
第67回日本産科婦人科学会学術講演会
平成27年4月10〜12日 横浜市

34.両側卵管切除後3年でHigh-grade漿液性腺癌を発症した1例
石川 雅子、中山健太郎、佐藤 絵美、中村 康平、原 友美、片桐 浩、石橋 朋佳、飯田 幸司、石原とも子、折出 亜希、金崎 春彦、京 哲
第67回日本産科婦人科学会学術講演会
平成27年4月10〜12日 横浜市

35.当科で経験した腹膜中皮腫と漿液性卵巣癌の鑑別におけるPAX8の有用性について
佐藤 絵美、中山健太郎、中村 康平、石橋 朋佳、片桐 浩、石川 雅子、
飯田 幸司、京 哲
第67回日本産科婦人科学会学術講演会
平成27年4月10〜12日 横浜市

36.卵巣癌発生、進展機構におけるPaire-box gene 8(PAX8)発現の意義
中村 康平、中山健太郎、佐藤 絵美、石橋 朋佳、片桐 浩、石川 雅子、大月 寛郎、
中山 理、石川 典由、丸山理留敬、京 哲
第3回婦人科がんバイオマーカー研究会学術集会
平成27年2月21日 福岡市

37.デルタGABAA受容体特異的作動薬DS1によるゴナドトロピンサブユニット発現
折出 亜希、金崎 春彦、ミジドルジ ツェルメグ、スクバッタル ウヌルジャルガル、京 哲第19回日本生殖内分泌学会学術集会(学術奨励賞候補演題)
平成27年1月10日 豊中市