原著論文 (英文)

1. Nakayama K and Kyo S.
PIK3CA in ovarian clear cell carcinoma.
Hum. Pathol. 45, 2, 2014.

2. Nakayama K, Ishibashi T, Ishikawa M, Katagiri A, Katagiri H, Iida K, Nakayama N, Miyazaki K.
Microwave endometrial ablation at a frequency of 2.45 GHz for menorrhagia: analysis of treatment results at a single facility.
Obstet. Gynaecol. Res., 40, 224-229, 2014.

3. Nakamura K, NakayamaK, MiuraH, Fujiwaki R, ManabeA, Teshima S, NagaiY, MiyazakiK, SawadaK.
Malignant female adnexal tumor of Wolffian origin (FATWO) positive for CD56: a possible diagnostic role for the biomarker.
Eur. J. Gynaecol. Oncol.,35, 580-583, 2014.

4. Ishikawa M, Nakayama K, Rahman MT, Rahman M, Katagiri H, Katagiri A, Ishibashi T, Sato E, Iida K, Nakayama N, Miyazaki K.
Therapy-related myelodysplastic syndrome and acute myeloid leukemia following chemotherapy (paclitaxel and carboplatin) and radiation therapy in ovarian cancer: A case report.
Eur. J. Gynaecol. Oncol., 35, 443-448, 2014.

5. Ono YJ, Terai Y, Tanabe A, Hayashi A, Hayashi M, Yamashita Y, Kyo S, Ohmichi M. Decorin induced by progesterone plays a crucial role in suppressing endometriosis.
J. Endocrinol., 223, 203-216, 2014.

6. Bono Y, Kyo S, Kiyono T, Mizumoto Y, Nakamura M, Maida Y, Takakura M, Fujiwara H. Cocurrent estrogen action was essential for maximal progestin effect in oral contraceptives.
Fertil. Steril., 101, 337-1343, 2014

7. Zhang X, Kyo S, Nakamura M, Mizumoto Y, Maida Y, Bono Y, Takakura M, Fujiwara H. Imatinib sensitizes endometrial cancer cells to cisplatin by targeting CD117-positive growth-competent cells.
Cancer Lett., 345, 106-114, 2014

8. Mita S, Shimizu Y, Sato A, Notsu T, Imada K and Kyo S.
Dienogest inhibits nerve growth factor expression induced by tumor necrosis factor-α or interleukin-1β.
Fertil.Steril., 101, 595-601, 2014

9. Nakamura M, Zhang X, Mizumoto Y, Maida Y, Bono Y, Takakura M and Kyo S.
Molecular characterization of CD133+ cancer stem-lie cells in endometrial cancer.
Int. J. Oncol., 44, 669-677, 2014

10. Kanasaki H, Oride A, Mitsuo T, Miyazaki K.
Occurrence of pre- and postoperative stress urinary incontinence in 105 patients who underwent tension-free vaginal mesh surgery for pelvic organ prolapse: A retrospective study.
ISRN Obstet. Gynecol., published online, 2014 Feb 6;2014:643495. doi: 10.1155/2014/643495. eCollection 2014

11. Sukhbaatar U, Kanasaki H, Mijiddorj T, Oride A, Miyazaki K.
Expression of gonadotropin-inhibitory hormone receptors in mouse pituitary gonadotroph LβT2 cells and hypothalamic gonadotropin-releasing hormone-producing GT1-7 cells.
Endocr. J., 61, 25-34, 2014

12. Oride A, Kanasaki H, Mijiddorj T, Sukhbaatar U, Miyazaki K.
Trichostatin A specifically stimulates gonadotropin FSHβ gene expression in gonadotroph LβT2 cells.
Endocr. J., 61, 35-342, 2014.

13. Oride A, Kanasaki H, Miyazaki K.
Comparison of human menopausal gonadotropin stimulation with and without clomiphene for in vitro fertilization in poor responders.
J. Obstet. Gynecol., 24,1-5, 2014

14. Nakayama K, Ishibashi T, Ishikawa M, Katagiri A, Katagiri H, Iida K, Nakayama N,Miyazaki K.
Microwave endometrial ablation at a frequency of 2.45 GHz for menorrhagia: Analysis of treatment results at a single facility.
J. Obstet. Gynaecol. Res., 40, 224-229, 2014.

15. Nakayama K, Miyazaki K Kanaoka Y.
Microwave endometrial ablation for hypermenorrhea treatment : a new era in Japan.
Clin. Exp. Obstet. Gynecol., 41, 119-120, 2014

 

症例報告(英文)

1. Oride A, Kanasaki H, Miyazaki K.
Disappearance of a uterine arteriovenous malformation following long-term administration of oral norgestrel/ethinyl estradiol.
J. Obstet. Gynaecol. Res., 40,1807-1810, 2014

2. Ishikawa M, Nakayama K, Rahman MT, Rahman M, Katagiri H, Katagiri A, Ishibashi T,Sato E, Iida K, Nakayama N, Miyazaki K.
Therapy-related myelodysplastic syndrome and acute myeloid leukemia following chemotherapy (paclitaxel and carboplatin) and radiation therapy in ovarian cancer: A case report.
Eur. J. Gynaecol. Oncol., 35, 443-8, 2014

 

総 説 (英文)

Microwave endometrial ablation at a frequency of 2.45 GHz for menorrhagia: Analysis of efficacy, recurrence rate and complications of MEA. Review article.
Nakayama K, Nakamura K, Ishikawa M, Kyo S.
J Obstet Gynaecol Res. 40(1):224-9, 2014.


Nakayama K, Nakayama N, Miyazaki K. Development of a novel ovarian cancer molecular target therapy against cancer related transcriptional factor NAC1.
J. Obstet. Gynaecol. Res., 39, 18-25, 2014

 

著 書

1. 中山健太郎、宮崎康二
婦人科手術における手術器具の使い方、マイクロ波子宮内膜アブレーション(MEA)の使い方、産婦人科手術シリーズOGS Now No.18.
メジカルビュー社, 138-143, 2014

2. 金崎春彦
高プロラクチン血症の診断と治療、婦人科診療ハンドブック、
編集 杉山 徹ほか. 中外医学社, 43-48, 2014

 

総 説 (和文)

1. 中山健太郎
卵巣癌におけるNAC1/Gadd45/MKK4経路を介した腹膜播種機構の解明と阻害剤開発による臨床応用、シンポジウム1:腫瘍「婦人科癌の浸潤・転移機構の解明と臨床応用」
日本産科婦人科学会雑誌, 65, 2426-2439, 2013.

2. 中山 健太郎、宮崎康二
次世代シーケンサーを用いた婦人科がんゲノム異常の探索、(特集;オミックスデータからみた婦人科疾患と遺伝情報の解釈)
産科と婦人科 81, 722-725, 2014

 

症例報告(和文)

1. 石川雅子、中山健太郎、長崎真琴、佐藤絵美、石橋朋佳、片桐 浩、片桐敦子、
飯田幸司、近藤真久、平野開士、石川典由、長谷川 匡、宮崎康二
外陰部滑膜肉腫と診断され追加外陰切除術を施行した1例
日本婦人科腫瘍学会雑誌 32, 67-77, 2014

 

特別講演・教育講演

1. 京 哲
子宮頸癌撲滅に向けた最新の取り組み
平成26年度日本医師会生涯教育講座 特別講演 平成26年12月6日、浜田市

2. 金崎春彦
視床下部-下垂体-性腺軸における最近の話題
平成26年度香川生殖内分泌研究会、教育講演 平成26年11月20日、高松市


3. 京 哲
子宮内膜症細胞の安定培養系の確立とその応用
第7回福井生殖生物学・医学学会 特別講演 平成26年11月6日、福井市


4. 京 哲
子宮癌の正しい知識---安心して子供を産み育てるために----
第16回神在月シンポジウム 特別講演 平成26年11月1日、出雲市

5. 京 哲
子宮内膜症細胞の安定培養系の確立とその応用
第131回近畿産婦人科学会 ランチョンセミナー 平成26年10月26日、大阪市


6. 中山健太郎
子宮内膜アブレーションに関する最近の話題
教育講演、z国内視鏡手術研究会 平成26年10月25日、高松市


7. 京 哲
子宮頚癌手術における機能温存への新たな試み
第17回山陰婦人科腫瘍研究会 特別講演 平成26年10月9日、米子市

8. 京 哲:分子生物学的アプローチから見た子宮内膜癌
平成26年度中部圏支部病理細胞検査研修会 特別講演 平成26年10月6 日、金沢市


9. 京 哲
卵巣チョコレート嚢胞癌化の分子機構の考察
第1回新潟産婦人科シンポジウム 特別講演 平成26年9月14日、新潟市


10. 京 哲
テロメアbiologyに見た夢と光
第67回中国四国産科婦人科学会 特別講演 平成26年9月13日、宇部市


11. 京 哲
広汎子宮頸部摘出術における新たな試み-----神経温存への挑戦-----
第65回広島産婦人科学会 特別講演 平成26年9月7日 福山市

12. 京 哲
島根大学における婦人科手術の工夫と新たな試み、
第20回北陸GOG研究会 特別講演 平成26年9月6日、金沢市


13. 中山健太郎
過多月経に対する最新治療、マイクロ波による過多月経の治療法
2.45GHzマイクロ波で行うマイクロ波子宮内膜アブレーション講習会
基調講演 平成25年8月31日、仙台市


14. 京 哲
社会問題化している子宮内膜症-----今、知っておくべきこと!-----
浜田医療センター研修会 特別講演 平成26年8月29日、浜田市

15. 金崎春彦
間脳―下垂体系による生殖機能調節
第31回日本受精着床学会学術講演会、教育講演 平成25年8月8日、別府市


16. 京 哲
卵巣癌の新規診断法、治療法を夢見て
アバスチン適応拡大記念講演会 特別講演 平成26年7月25日、松江市

17. 京 哲
卵巣チョコレート嚢胞癌化の分子機構を考える
第1回北信越産婦人科研究会 特別講演 平成26年7月5日、石川県片山津


18. 京 哲
子宮頸癌における機能温存治療の工夫
第318会岡山四水会 特別講演 平成26年6月25日、岡山市


19. 京 哲:研究に夢を見て
東北連合産科婦人科学会 招請講演 平成25年6月8日、山形市

20. 中山健太郎
過多月経と卵巣がんの最新治療
平成26年度 日本助産師会、鳥取地区研修会 平成26年


21. 京 哲
Bench to Bedside: テロメア研究の婦人科臨床への応用、
新潟大学大学院 特別講演 平成25年5月24日、大阪市


22. 中山健太郎
婦人科領域におけるマイクロ波によるアブレーション治療の展望
過多月経に対するMEAの治療成績と緊急止血への応用
第65回日本産科婦人科学会学術講演会ランチョンセミナー平成25年5月10日札幌市


23. 京 哲
子宮頸癌手術における機能温存への挑戦
平成26年度出雲産婦人科医会臨床研究会 特別講演 平成26年5月1日、出雲市


24. 中山健太郎
ギネジョの底力、ギネメンの胆力、ギネナビ~キャリアアップライフを応援します、地方大学で走り続けた18年間~私から若手医師へのメッセージ
第66回 日本産科婦人科学会学術講演会、理事長推薦企画 平成26年4月、東京


25. 京 哲
卵巣癌 up to date
金沢市医師会学術研修会、特別講演 平成26年1月15日、金沢市

 

シンポジウム等

国際学会

1. Kanasaki H. Role of PACAP and its receptors in reproductive neuroendocrine cells
SSR47th Annual Meeting, Grand Rapids, Michigan (USA), 7/19-22, 2014

2. Nakayama K.Clinical and molecular features of ovarian clear cell carcinoma, Ovarian Clear Cell Carcinoma: Update. The 3rd ASGO (Asian Society of Gynecologic Oncology ),Morning Lecture, 2014

 

国内学会

1. 中山健太郎、石川雅子、片桐 浩、石橋朋佳、佐藤絵美、飯田幸司、京 哲
新規癌関連転写因子NAC1の機能解析から創薬への展開
第67回中国四国産科婦人科学会学術講演会、平成26年9月13日、宇部市


2. 折出亜希、金崎春彦、ツェルメグ ミジドルジ、スクバッタル ウヌルジャル、
宮崎康二
ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤Trichostatin A (TSA)はゴナドトロピンFSHbサブユニットを特異的に発現させる
第66回日本産科婦人科学会学術講演会
ミニワークショップ、平成26年4月19日、東京

3. スクバッタル ウヌルジャル、金崎春彦、ツェルメグ ミジドルジ、折出亜希、宮崎康二
(ミニシンポジウム)下垂体ゴナドトロピン産生細胞及びGnRH産生ニューロンにおけるGnIH受容体発現について
第66回日本産科婦人科学会学術講演会
ミニワークショップ、平成26年4月19日、東京

一般演題

 国際学会

1. Oride A, Unurjargar S, Mijiddorj T, Kanasaki H.Expression of goinadotropin-inhibitory hormone receptors in mouse pituitary gonadotroph LbT2 cells and hypothalamic gonadotropion-releasing hormone-produicing GT1-7 cells.
SSR47th Annual Meeting, 7/19-22, 2014, Grand Rapids, USA.


2. Kyo S.A novel adenovirus-mediated system for the detection and collection of circulating tumor cells.The 5h ,international workshop on biomedical imaging.
3/4, 2014, Fukui.


3. Kanasaki H, Mitsuo T, Oride A. Disappearance of uterine arteriovenous malformation following longterm administration of oral norgestrel/ethinyl estradiol.
The Endocrine Society’s 96th annual meeting, 6/21-24, 2014, Chicago, USA.


4. Mijiddorj T, Sukhbaatar U, Oride A, Kanasaki H. Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide (PACAP) increases expression of the gonadotropin-releasing hormone (GnRH) receptor in GnRH-producing GT1-7 cells overexpressing PACAP type I receptor.
The Endocrine Society’s 96th annual meeting, 6/21-24, 2014, Chicago,USA.


5. Sukhbaatar U, Mijiddorj T, Oride A, Kanasaki H. Expression of gonadotropin-inhibitory hormone receptor in mouse pituitary gonadotroph LbT2 cells and hypothalamic gonadotropin-releasing hormone-producing GT1-7 cells.
The Endocrine Society’s 96th annual meeting, 6/21-24, 2014, Chicago, USA.

6. Oride A, Mijiddorj T, Sukhbaatar U, Kanasaki H. Specific expression of gonadotropin FSHb by trichostatin A in mouse gonadotroph LbT2 cells.
The Endocrine Society’s 96th annual meeting, 6/21-24, 2014, Chicago, USA. 

 

国内学会

1. 折出亜希、金崎春彦、原友美、京 哲
子宮動静脈奇形に対する中用量ピルの使用経験
第59回日本生殖医学会学術講演会、平成26年12月4日、東京


2. 石川雅子、中山健太郎、片桐浩、片桐敦子、京 哲
Placental site trophoblastic tumor(PSTT)との鑑別診断に難渋した過大着床部の一例
第22回日本胎盤学会学術集、第32回日本絨毛性疾患研究会、平成26年10月4日、京都市


3. 折出亜希、金崎春彦、原 友美、佐藤絵美、中村康平、石原とも子、片桐 浩、
今村加代、石川雅子、中山健太郎、京 哲
寝たきり状態の患者に発症したmassive ovarian edemaの一例
第67回中国四国産科婦人科学会学術講演会、平成26年9月14日、宇部市


4. 折出亜希、金崎春彦、原 友美、京 哲
ノルゲストレルエチニルエストラジオールにより消失した子宮動脈奇形の1例
第15回 日本内分泌学会中国支部学術集会、平成26年8月30日、山口市


5. 石川雅子、中山健太郎、長﨑真琴、佐藤絵美、片桐浩、片桐敦子、飯田幸司、
進藤真久、平野開士、石川典由、長谷川匡、京 哲
外陰部滑膜肉腫と診断され追加外陰切除術を施行した一例
第52回日本癌治療学会学術集会、平成26年8月28日、横浜市


6. 折出亜希、金崎春彦、原 友美、京 哲
続発性無月経を契機に発見された成長ホルモン産生下垂体腺腫の一例
第50回中国四国生殖医学会学術講演会、平成26年8月23日、岡山市


7. 金崎春彦、折出亜希、原 友美、鈴木伸吾、ツェルメグ ミジドルジ、スクバッタル ウヌルジャルガル、京 哲
ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤Trichostatin A (TSA)によるゴナドトロピンFSHbサブユニット特異的発現
日本下垂体研究会 第29回学術集会、平成26年8月8日、八王子市


8. 原 友美、金崎春彦、折出亜希、鈴木伸吾、京 哲
続発性無月経を契機に発見された成長ホルモン産生下垂体腺腫の一例、日本下垂体研究会 第29回学術集会、平成26年8月8日、八王子市


9. 中山健太郎:悪性胚細胞性腫瘍に対して推奨される手術術式は?
第55回 日本婦人科腫瘍学会、卵巣癌治療ガイドライン2014
コンセンサスミーティング、平成26年7月18日、宇都宮市


10. 石川雅子、中山健太郎、片桐浩、片桐敦子、飯田幸司、京哲
腹膜癌術後2か月に及ぶ難治性乳糜瘻に対し,オクトレオチドが奏効した1例
第56回日本婦人科腫瘍学会学術集会、平成26年7月18日、宇都宮市


11. 佐藤絵美、中山健太郎、片桐 浩、 石川雅子、片桐敦子、折出亜希、金崎春彦、天野知香、石川典由、原田祐二、京 哲
ベバシズマブ併用療法が奏効した再発子宮体癌の1例
第56回婦人科腫瘍学会学術講演会、平成26年7月18日、宇都宮市


12. 金崎春彦、折出亜希、ミジドルジ ツェルメグ、スクバッタル ウヌルジャルガル
GnRH産生ニューロン株に対するGABAの作用について
第87回日本内分泌学会学術総会、平成26年4月24日、福岡市


13. 折出亜希、金崎春彦、ミジドルジ ツェルメグ、スクバッタル ウヌルジャルガル
GnIH受容体発現に関する検討
第87回日本内分泌学会学術総会、平成26年4月24日、福岡市


14. ツェルメグ ミジドルジ、金崎春彦、スクバッタル ウヌルジャル、折出亜希、宮崎康二
GnRH産生ニューロンにおける神経伝達物質アミノ酪酸(GABA)の薬理作用について、
第66回日本産科婦人科学会学術講演会、平成26年4月19日、東京


15. 片桐 浩、中山健太郎、石川雅子、佐藤絵美、折出亜希、金崎春彦、宮崎康二
脱分化型類内膜腺癌の1例
第66回日本産科婦人科学会学術講演会、平成26年4月19日、東京


16. 満尾友美、折出亜希、金崎春彦、宮崎康二
妊娠初期に急性膵炎を合併した一例
第66回日本産科婦人科学会学術講演会、平成26年4月19日、東京


17. 佐藤絵美、中山健太郎、満尾友美、中村康平、石原とも子、片桐 浩、石川雅子、片桐 敦子、今村加代、山上育子、折出亜希、金崎春彦、中村 恩、中村 友則、原田祐二、宇野千恵、宮﨑康二
大量出血を繰り返し治療に難渋した閉経後子宮動静脈奇形の1例
第66回日本産科婦人科学会学術講演会、平成26年4月19日、東京


18. 石川雅子、中山健太郎、片桐浩、満尾友美、佐藤絵美、中村康平、石原とも子、今村加代、折出亜希、飯田幸司、金崎春彦、宮崎康二
Microwave endometrial ablation at a frequency of 2.45 GHz for menorrhagia: Analysis of treatment results at a single facility.
第66回日本産科婦人科学会学術講演会、平成26年4月18日、東京